So-net 無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

浅田真央フィギュアGP中国杯SP首位!なにがすごかったのか?織田信成さん報道ステーションで解説。 [東福寺緑釉正方鉢:BONSAI 彩都  - f47d2]

2019-03-14

東福寺緑釉正方鉢 一辺10.8cm高7cm

商品解説
東福寺の真骨頂とも言える緑釉は美しい窯変が掛かった見事な仕上がりを見せています。黒の斑紋が絶妙な景を成しており、鉢に色気を与えています。また手書き落款は描いた後に焼かれた手の込みようで、数ある東福寺の中でも数枚しか存在しない希少な一枚。本格的な小品盆栽を受け止める実用的なサイズも魅力。東福寺実用名鉢でありながら希少さも備えた貴重な一枚。縁や足に軽微なホツレはあるが保存状態は良好です。
落款:東福寺

作家プロフィール
陶名:平安東福寺(へいあんとうふくじ)本名:水野喜三郎(1890年〜1970年 )
 陶芸界では無名ながら今日の日本盆器の世界で最も人気、評価の高い作家。昭和4〜5年頃、趣味の盆栽を生かし鉢づくり専門の陶業家となる。以来、約40年に渡り作品を世に送る。東福寺盆器の器型・釉薬は非常に多彩かつ大小様々な大きさがあり、単独で見て味わいに富むだけではなく「盆栽を植えてよく映る」実用性が特色。バリエーション豊富だったのは晩年に至るまで自家の窯を持たず「賃借り窯」で焼成したからであり、またそれを可能としたのが京焼で発達していた分業システムだった。東福寺は生涯に数万に及ぶ鉢を世に送り出した。個人の作家としては異例の多さである。しかも大部分は登り窯による焼成だったため、釉色などは一点ごとに異なる味わいを見せている。個々により評価に差が出たが、それが東福寺の人気の高さと言える。

※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

【盆栽鉢 bonsai】和鉢・平安東福寺 
小品盆栽に最適 
☆盆栽彩都☆ 
価格
330,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

nice!(1)

「海賊とよばれた男」が岡田准一さん主演で映画化!小説に出てくるタンカーの名前は? [映画]

映画 「永遠の0」でチームを組んだ、岡田准一×山崎貴監督×作家・百田尚樹氏が再結成!
「海賊とよばれた男」を完全映画化します。(2016年冬公開予定)
最大のクライマックスはイランへ向かう大型タンカー・日章丸の話ですね。

[PR 楽天 市場]

小説 「海賊とよばれた男」とは?


百田尚樹氏著作の小説で2013年本屋大賞第1位を獲得しています。
出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたフィクションです。
フェクションですが、ほぼ事実に基づいて小説が書かれています。
なので、書評などではノンフェクションと言っていますね。
2012年に発売、上下巻で累計364万部を突破しています。
完全なノンフェクションでは無いので、
出光興産=国岡商店
出光佐三=国岡鐵造
など登場人物の名前を変更しています。

続きを読む


nice!(0)

「さくらしめじ」の高田彪我くんが話題です。さくらしめじのライブ情報です。 [音楽]

石原さとみ主演の月9 ドラマ 「5→9~私に恋したお坊さん」に出演している、女子高生役の由希が美少年だったことが解り話題になっています。(下にさくらしめじワンマンライブの情報あります)

[PR楽天市場]

*女子高生は高田彪我くんです!


14歳の美少年は「高田彪我」(たかだ ひょうが)君、14歳でした。
2001年10月23日生まれの14歳
2012年5月に原宿でスカウトされた
2014年6月田中雅功(たなか がく、13歳)と「さくらしめじ」を結成
2015年3月に メジャー デビュー
2015年12月29日にIMA HALL( 東京 練馬 区)で、初のワンマンライブ開催決定!
14歳なので中学2年生です。
かっこいいというよりも、かわいい!!といった感じです。
相棒の田中雅功くんもキュートですね!

続きを読む


nice!(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。